車両保険という保険があります。これは事故によって自分の車に傷が生じた場合にその修理を保証する保険

であり、自損事故でも保証するものと、相手が必要になるものがあります。それぞれの条件次第で保険料が

異なりますが、自分の車に傷が発生してしまうような事故を起こした場合には重要な保険の一種です。

この保険は非常に便利なものである半面、使用すると保険の等級が下がってしまうという副作用があるのも

事実です。そのため低額な損傷の修理のためにこの保険を使用するというのは良く考えなければなりません

。場合によっては修理を保証してもらうことで負担を免れる修理代金と、その修理によって値上がりする

保険料のバランスによってはかえって損失を出してしまうことがあるのです。そのため一般的な対応とし

ては軽微な傷に関してはこの保険を使用するものではないということが言えます。

この保険が真に活躍するのは事故によって重大な故障が発生したり、廃車にしなければならない様な状態

に陥った場合です。そのような場合においてはその車両の市場価格相当額が保険によって保証されること

になります。実際の車の購入額ではなく、中古車市場の相場であるというのがポイントです。pet04_l