車両保険の種類と補償内容

| 未分類 |

自動車の任意保険、補償内容により、随分と掛け金が異なってきます。その一つの代表である車両保険。

大別すると、一般タイプの車両保険とエコノミータイプの車両エコノミーとなります。先の車両保険の

保険料の算出方法ですが、高級車は高く、コンパクトカーなどは安くなります。車両の価格が反映される

ので、当然のことなのですが、その他にも料率クラスに依っても変わってきます。これは、自動車の型式

別の事故率・盗難率があり、1~9段階までクラス分けがあり、このクラスが小さいほど保険料が安く

、大きいほど高くなる係数になります。この料率クラスは、毎年見直されるため、事故率の増減によ

り、クラスが変わる場合もあります。しかし、一般車両保険に加入しておけば、事故や盗難に見舞われ

pet06_lた際に基本的には保障されるので安心ですが、保険料は後者の車両エコノミーに比べて高くなります。

また、車両エコノミーについては、保険料は、かなり割安なのですが、一般車両と違い、盗難等に関し

ての補償はありません。事故についても、相手車両の存在が無い等の自損事故に対しても同じく補償が

ありません。ただし、停車中、または、走行中などの飛び石によるガラスの破損等については、対象と

なります。保険選びの際は、車の状態などを考慮して加入したい所です。