等級据え置き事故:盗難

| 未分類 |

「車両保険は使うと損になることもある」と考えている人は数多くいます。

それは、事故を起こして保険を使うと等級が下がり、次年度の保険料が大幅に上がることからそのように

考えられています。

しかし、損をする人は実際には限られており、等級が高い人が保険を使ってもそれほど損にはなりません。

損をする人は6等級以下の人々であり、一回の事故で3階級のダウンとなり、割増等級に設定されて次年度大幅

な保険料の上昇になる可能性は高いです。

過去に等級据え置き事故として扱われていた盗難や爆発事故などは現在では1階級ダウンという処置が行われ

るようになってきています。

omocha_l

つまり、事故や盗難などにかかわらず、保険を使うことで等級は下がるということです。

自動車保険には等級の存在が常にあります。

保険の乗り換えなどで等級を受け継いだり、家族間で受け継いだりすることも可能であり、等級によって保険

料も大きく変動してきます。

現在、自動車保険の乗り換えなどを考えている場合には、補償内容や保険料や等級の取り扱いに関して確認を

行い、様々な保険会社と比較検討しておくことが大切です。

今回のように等級据え置きの事故は損保によって対応がまちまちになっているので注意が必要です。