自動車保険は、万が一の事故や車の損害に備えて加入しておくべき保険です。対人・対物保険と違って、

自分の車の損害に備えて加入するのが車両保険で、3種類にわけられています。一般タイプ・エコノミー

タイプ・エコノミー+限定A特約タイプがあって、一番保険料が高いけど、補償内容がたくさん含まれてい

るのが、一般タイプです。自損事故や相手が特定されない当て逃げの補償や、火災・台風・浸水などの災

害による損害、盗難やいたずらなどの補償も含まれているので、まだ免許を取ったばかりの方や運転が苦

手な方などには、一番安心でしょう。この一般タイプの補償内容から、自損事故と当て逃げを除いたもの

が、エコノミー+限定A特約タイプです。一般タイプでは保険料が高いと感じるけど、ある程度補償内容は

充実させたい方におすすめです。そして、3種類の中で一番保険料が安いのがエコノミータイプです。補

償内容は狭く、相手が特定されている場合で車対車の損害に限られます。バイクや原付は含まれますが、

自転車は補償に含まれません。人気モデルや高級車など盗難のリスクが高い場合や、新車で多少の傷も

気になってしまう場合などは、やはり一般タイプが安心です。保険料が気になる方は、翌年から一般車

両のランク下のコースに切り替えることも可能なので、検討してみてはどうでしょうか。